感覚が行動をコントロールする

Pocket

私が催眠療法を勉強していたとき、「催眠によってくしゃみを引き起こせるのか?」という実験を、妻に頼んでやってもらいました。

その結果、『催眠によって、クシャミは引き起こせる』ということが分かったのですが、その過程が、予想とは少し異なっていました。

もし、クシャミが出るとしたら、「いきなり、クシャミが出る(クシャミという行動が起きる)」と予測していました。

実際は、

  1. 鼻がむずむずしてくる
  2. クシャミが出る

 

という流れでした。

つまり、「まず、感覚が生じ、その感覚によって、行動が誘発される」ということです。

他にも、色々と実験したのですが、同じような経緯をたどって行動が起こりました。

 

 

しかしながら、人間は、行動を起こす前に、多くの場合『思考』というステップを通ります。

この『思考』については後ほど説明しますので、ここでは、まず、

  • 「人」は「感覚」によってコントロールされる仕組みになっている

 

ということを知っておいて下さい。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です