直接的体験よりも重要な二次的体験

Pocket

直接体験とは・・・

一般的な視点で『体験』と認識されることです。

これには、嬉しい経験 つらい経験 があります。

例えば、つらい経験を挙げると、次のような感じです。

  • 買い物についていったとき、急に欲しくなってしまったおもちゃを買ってもらえない
  • 学校で先生に怒られた
  • 同級生に意地悪された
  • 滑り台から落ちた
  • お使いの途中で、お金を落としてしまった
  • 頑張って勉強したのに、テストの点数が悪かった
  • 大切にしていたおもちゃを、不注意で壊してしまった
  • お腹が空いたと感じた

これらの直接的体験によって、人には感情や感覚が生じます。感情や感覚が生じるのは人間以外の動物でも同じだと思われます。そして、動物の場合は、この直接体験で、その出来事に伴う体験は、ほぼ終わりになると考えられます。

ところが、「思考」や「論理化された記憶」に支配されている人間の場合は、少し違います。

 

直接的経験(その出来事)に対して感情・感覚を持ったために、更なる体験が待ち受けているのです。

  • その感情や感覚をもった自分が、どのように扱われたか?

 

この自分の感情や感覚が扱われる体験を、このサイトでは二次的体験と呼んでいます。

  • この直接体験によって感じた不快感の大きさ
  • 二次的体験による不快感の浄化(または、強化)の度合い

によって、その直接体験による学習の、

  • 条件反射として学習される比率
  • 情報として学習される比率

が変わってくると考えています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です