【広告】
オキシトシンラブ(OxytocinLove)
今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

「子供を守る」とは、子供の何を何から守ることなのか?

Pocket

「子供を守る」という言葉は、あまりにも抽象的な言葉で、一体何を言いたいのかが分からない文章です。

ですが、そんな抽象的な言葉であるにも関わらず、普通の人は「子供を守る」と聞くと、

  • 現在の子供が、親が心配する状況に陥らないように導く
  • 子供が成人したときに、親が心配する状況に陥らないように導く
    (親が心配する状況は、親の経験や価値観によって異なります。)

といったニュアンスを感じ取り、 守ろうとすると、逆に、苦しめることになる で説明した状況に陥りがちになります。

ここで、『子供を、自ら成長し続ける自立した人間へと導く』ということに主眼を置いて、抽象的な文章をもう少し具体的にすると、次のような文章になります。

 

  • 子供たちの心が弱った状態に陥ることから守る

ちなみに、心が弱った状態とは、

  • もともと持っている「自ら学び成長する力」が弱まっている
  • もともと持っている「自らの心を回復させる機能」が低下している
  • 心を回復させる機能が低下しているため、心の苦しさが蓄積してしまっている

 

子供たちの心が弱った状態に陥ることから守る方法

それは、何度も説明していますが、

  • まず、十分時間をかけて、つらい気持ちになった子供を、ただ、気持ちを聞きながら抱きしめる

ということです。

 

(この対処方法のコツは、感情的になった子供との関わるコツ(サイト名 『 子育ての回想と試行錯誤と解釈 』 )を参考にして下さい。)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です